高齢という名の壁を打ち砕け!【不妊治療に取り組んで妊娠しよう】

出産と妊娠の関係

赤ん坊

子供を授かれる年齢とは

いつでも子供が授かれる訳ではありません。特に高齢になると妊娠率も下がってきますから、不妊治療を行いながら妊活するという方も少なくないでしょう。年齢が上がればそれだけ妊娠の確率は下がります。妊娠したとしても何かしらの障害が発生してしまう可能性が高くなるのです。高齢になると妊娠初期に胎児に異常がないかどうかの検査を受けることを進められることもあるかもしれません。高齢の定義は昔よりは引き上げられましたが、30代後半からの出産に関しては高齢出産になるので、産婦人科によっては高齢の妊婦さんに関してはリスクがあるので出産の受け入れをしていないということもあります。高齢出産はそれだけ危険が伴う恐れがあるという事を知っておきましょう。

計画的に妊娠するために

年齢が高くなるにつれて自然に妊娠する可能性は減ってきます。晩婚化が進んでいるということもあり、子供を授かりたいと考えてときにはすでに遅かったということにならないように高齢の方は早めに不妊治療を受けましょう。不妊治療と言っても一般不妊治療から始める場合は身体にも負担が掛かりませんし費用も高額にならずに済みます。不妊治療と聞いて高額な治療費が掛かるイメージがあるかもしれませんが、一度クリニックへ検査へ行き相談することをオススメします。悠長に治療を進めていても高齢の場合は手遅れになってしまう事もありますから、早い段階でステップアップしたほうが良いかもしれません。子供を授かるには年齢が限られているのでその点は意識しておきましょう。